HOME

ブログ

床へのこだわりofリノベーション

投稿日:2015.09.12 | コメントをどうぞ

 

皆様こんにちは

 

眼力担当:坂手です。

(昨日のブログ参照)

 

今年は良く日焼けしておりまして、

 

朝起きて、

 

鏡に映る自分の姿がインド出身の方に見えて久しいですが、

 

今日は、弊社の床へのこだわりをご紹介させて頂きます。

 

 賃貸住宅の床材はクッションフロア(ビニール素材)のものが使用されるが一般的ですが、

 

弊社では、標準として塩ビタイル(フロアタイル)を使用しています。

 

タイルといっても、見た目はフローリングの高級感、価格はフローリングよりも安価な木目調のタイル。

 

原状回復工事で退去者が出る度に、

 

家具の跡があって張り替えようかどうしようか。でも、これだけのために自費で張り替えるのももったいないし。でも、張替しないと家具の跡印象が悪くて入居者様が付きにくくなるし。嗚呼どうしよう。

 

という賃貸経営のお悩みに役立つ塩ビタイル。

 

硬い材質でクッションフロアよりも耐久性が高いので家具跡が付きにくく、

 

張替の必要が出ても部分張替ができる優れもの!

 

クッションフロアよりも単価は高いですが、長い目でみると賃貸物件にはコレ!と自信をもってオススメしています。

 

さらーに!

 

弊社では仕上がりにもこだわりが。

 

2015091114210000

 

 

写真は玄関の上り口なのですが、押え金物にご注目下さい。

 

金物が細くないですか?仕上がりがきれいじゃないですか?

 

弊社は仕上がりにもこだわっていて、押え金物も仕上がりが美しく見えるものを厳選してしようしています。

 

長年培った経験により、細部までこだわったサエラのリノベーション工事。

 

これからも進化を続けていきますのでご期待下さい!

 

家賃保証付きリノベーション:リノリース

リノベーションのことなら

株式会社サエラ 坂手

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

資料請求・物件についてのご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。